イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:RC不具合

RC現場の階段です。



CIMG0996



もはやジャンカと呼べる程度ではなく
ノーコンクリートじゃないですか・・|д゚)


現場関係者は
誰も気にならないんでしょうか・・???


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

休みに買い物に出かけましたが
お店のRC擁壁。


CIMG6025


工事の際に鉄筋のかぶり厚さが不足していたようで
露出していました。


こうなると、錆の進行が早く
コンクリートが爆裂していきますので
早めの補修が・・・




休みでしたので
是正指示はしませんが(笑)




***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

前回に引き続き・・


RC造のお話ですが
設計段階での不具合が
大きく影響していることを書きました。


昨年、設計事務所向け勉強会での1シーンですが
動画をUPしましたので、ご興味があれば是非(^^)


4分程度とちょっと長いですが・・

default

http://youtu.be/49pBwWLRAaM


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

前回UPした現場の写真です。
コンクリートがきちんと流し込めていない状況が分かりますね・・

P5314412



P5314413



P5314415

このような状況になってしまうのは
施工自体の不具合もそうですが
設計段階での不具合が大きく影響してきます。


コンクリートを流し込む範囲に鉄筋が多く入っていると
鉄筋が邪魔して、うまくコンクリートが廻りこまない・・という現象が起きます。
このあたりは、次回にでも写真を交えてご説明しますm(__)m


しかし・・当たり前の話ですが
このような状況下では、コンクリートに期待する強度は
得られないのは間違いないですね。

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

RC(鉄筋コンクリート)造の5階建ての
新築インスペクションでの風景です。


P5284325




P5284326




P5284327


これはジャンカという現象で、よくある不具合の一つです。


コンクリートの難しいところは、未完成の製品を
現場で作り上げる点ですね。


コンクリートは、砂・砂利・水・セメントを混ぜて
化学反応で硬化する材料です。

つまり、それぞれの現場で、計画通りに配合された
コンクリートを正しく施工して、初めて期待する完成品となります。


写真のジャンカは、きちんとコンクリートが充填されずに
固まってしまった例ですね(-_-;)


また、下記のような写真・・・

P5284328


赤マジックの部分に見えているのはスペーサーです。
スペーサーは鉄筋を正しい位置に保持しておくものですが
コンクリートを流し込む際に、外れてしまったようですね。

ということは・・鉄筋が正しい位置にあるかはこの段階では不明ということです。
※根拠がないので、約束できないということです。

コンクリート工事は、一つのミスが発生すると
是正が大変ですので、細心の注意をもって施工したい工程です。

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

↑このページのトップヘ