イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:新築

少し話が脱線しましたが・・
一般的にはどのような形で仕事が流れていくかを簡単に。




マンション計画のようなデベ開発案件では

一番上に事業主がいます。

今回で言えば、三井不動産レジデンシャルですね。

ここが一番の上流。




すべての決定権を握っています。

例えば、販売時期から、工期要望があり

販売価格帯から、施工金額の要望があります。


マンションはいわゆる青田売で
できていないものを購入者はローンを組んで契約します。



デベの絶対条件は引渡し日なのです。
遅延すれば資金回収が遅れるし、購入者との契約違反となり、
絶対に遅延できない状況で販売している・・

今のマンション業界の売り方にも問題ありです。



その要望を「出来るよ!」と言った(言わされた)ところに発注するわけです。

で、今回は三井住友建設(準大手ゼネコン)なわけです。



まぁグループ会社ですから・・

内部情報は不明ですが、色々とやりやすい部分があるのですかね。



ちょうど、業界を震撼させた「姉歯事件」の直後ですが

対岸の火事だったのか・・

このような抜本的な構造耐力上の安全に反する工事をしていたわけです(-_-;)




事業主からの圧迫と共に
中間マージンが必要以上にかかってしまう・・
こんな構図ではいいものは出来ませんね。。

 


 


 


 

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


 


 


 

昔は、大きな現場所長になれば
自宅が建ったと言われていました!


数年にわたるプロジェクトで
責任も大きいですから、報酬も高かったこともあります。




しかし、上記の例えはそのような意味ではなく

「業者や職人を決定する権限が所長にはある」
という意味で揶揄されてモノです。





端的に言えば、○○建設に発注をするから

キックバックをよこせ!

ということですね。




皆さん、この業界はかつて

談合、ダンピング、キックバック・・

なんでもありの業界だったんですよ?




さすがに近年では、そこまで露骨に業者と懇意にすれば

コンプライアンスも厳しいですから、すぐに内部告発されそうですが

基本的な体質は変わっていないと思います。




「流しそうめんの上流に居座るモノは神」な業界です。

神がいうことは絶対に正しい!

という風潮のままでは、決して今回のような事件はなくならないと断言出来ます。



▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


 


 


 


 


 

↑このページのトップヘ