イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:一級建築士

一方内部デザインについても、「かっこいい家」優先され

機能や安全性を二の次にする設計者多いのにきを隠せません

たとえば設計事務所が大好き・・

 

トップライト大きな吹き抜けですが

トップライトは気象条件の過酷な屋上に設置するわけですから

夏季は70°冬季は0°の温度差あり、また雨が降り強風にさらされます

 

そのような気象条件にもかかわらず

多く設計者はサッシメーカーのサッシを選択するだけ

長期修繕を考えた設計をしてません



また、吹き抜けは確かに開放的な空間で気持ち良いのですが

吹き抜け上部に開閉できない設ける事例が多いです



日本の猛暑を考えるエアコンでは室内温度を下げきれ

暖かく寒い空間・・なんてことにも(-_-;)



良く見受けられる設計がストリップ階段です。

空間に階段が浮いているかのごとくにデザインされますが

子供が階段下の鋭角な部分に頭ぶつけて怪我する事例ありま

勿論、落下防止の手すりなどもデザイン優先ですので

当初はネットを張ったりとしています。



吹き抜けに、ストリップ階段で現し(むき出し)の梁というコンボは

安全や温熱環境、清掃を考えると最悪な組み合わせだと思いますけど・・



「かっこいい家」には、そういったリスク

隣り合わせだということを理解した上で選択する必要があるということです




▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

実際のインスペクション事例のほんの一部を。


 


 


 


 SKM_C224e15122317020_0001


 


 


 

本日、一級建築士の製図試験
課題が発表されました

市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅
(基礎免震構造を採用した建築物)

だそうです

いわゆる「サ高住」

時代背景として、超高齢者社会が目前ですから
そのあたりも加味されているのでしょう・・

しかし・・断面図には、免震構造をドラフトするようになっていますが
先般の偽装問題もあり、タイムリーですね(笑)


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ



代表理事

崇写真

市村崇 一級建築士・一級建築施工管理技士・一級造園施工管理技士・宅地建物取引士

生年月日 1973年8月2日


1998年

日本大学理工学部海洋建築工学科卒業

1998年

大手ハウスメーカー入社 工事課配属 個人住宅施工監理350棟

2004年

ハウスメーカー指定工事店入社 個人住宅施工管理150棟

2007年

一級建築士事務所、建設業工務店を創業

2013年

住まいと土地の総合相談センター、副代表に就任

2015年

(社)住まいと土地の総合相談センターを設立



ハウスメーカー入社時に工事課に配属。後輩指導とともに約350棟の施工管理に携わる。

その後、スタッフ部門にて施工革新による生産向上業務、作業標準マニュアルの策定を経て退社。

平成16年より指定工務店工事部門責任者として

各ハウスメーカーの軽量鉄骨ALC工法を始め、重量鉄骨、戸建て分譲の木造SE構法

木造2×4工法、他木造軸組み工法の住宅現場を施工管理。

10年で管理した現場は新築、リフォームを合わせて、およそ500棟に及び

併せて、多数の職人指導の実績経験がある。

現在は、インスペクターの他、コンストラクションマネージメント業務にも従事し

建築トラブルを抱えるクライアント複数の相談に乗る。

顧問理事

博写真
市村博 一級建築士

生年月日 1946年5月27日



1969年

日本大学理工学部建築学科を卒業し、大手ゼネコンに入社。

設計部にて構造設計業務に従事する。

1974年

設計事務所を設立し、構造設計を主業務としていたが、住宅設計に転向。

個人注文住宅や医院、ビル、マンションなどの設計監理を手がけると同時に

大手ハウスメーカーの設計コンサルタントを受託。

20年間で、約1800棟の設計監理に従事する。

2001年

大手ハウスメーカーの仕事の進め方に疑問を抱き、フリーの立場にて

新たに住まいと土地の総合相談センターを開設。



現在、施主側の立場に立って、

営業との折衝・設計図のインスペクション・工事現場の検査を実施し

これまでのインスペクション実績は800棟以上に上る。

設計業務の精査から、現場監理や検査以外に

訴訟案件の鑑定意見書など幅広く活動している。



主な著書は、真面目に家をつくりました・間違いだらけのハウスメーカー選びシリーズ

危ないマンション緊急対策マニュアル・絶対に失敗しない家づくり

ハウスメーカーでいい家を建てる方法・なぜ90%の人が家づくりに失敗するのか?

など多数。



最新刊の

“ハウスメーカーで「後悔しない家を建てる」技術”は、好評により重版販売中!


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

↑このページのトップヘ