イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:ゼネコン

昔は、大きな現場所長になれば
自宅が建ったと言われていました!


数年にわたるプロジェクトで
責任も大きいですから、報酬も高かったこともあります。




しかし、上記の例えはそのような意味ではなく

「業者や職人を決定する権限が所長にはある」
という意味で揶揄されてモノです。





端的に言えば、○○建設に発注をするから

キックバックをよこせ!

ということですね。




皆さん、この業界はかつて

談合、ダンピング、キックバック・・

なんでもありの業界だったんですよ?




さすがに近年では、そこまで露骨に業者と懇意にすれば

コンプライアンスも厳しいですから、すぐに内部告発されそうですが

基本的な体質は変わっていないと思います。




「流しそうめんの上流に居座るモノは神」な業界です。

神がいうことは絶対に正しい!

という風潮のままでは、決して今回のような事件はなくならないと断言出来ます。



▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


 


 


 


 


 

吹き付け工法の断熱材・・
吹き付け厚が設計図にて指示をされていますが

一見するとわかりづらいのが実情です。


ゼネコンなどでは
吹き付け厚さを管理する為に
ゲージピンを使用しますが


住宅では、なかなか
そのような管理体制をとっていることは稀ですので
きちんと厚み計測して確認することをお勧めします(^^)


P3270016





***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

↑このページのトップヘ