イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:コンクリート

基礎の鉄筋検査での一枚


CIMG7664



通常、基礎は2度に分けてコンクリートを流し込みます

「耐圧盤(ベース)」と「立ち上がり」

ですね


この現場は耐圧時に打ち込んだコンクリートが
鉄筋に付着されており、そのままの状態


このままだと、鉄筋と立ち上がりに流し込む
コンクリートの付着力が低下してしまいます・・


流し込む前の除去を指示しました


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


気になったので、つい写真を。


CIMG8962

建物の基礎ですが
地面との境の塗れ色が目立ちますね。

これは、基礎のコンクリートを流し込む際に
レイタンスの処理をきちんとしておらず
雨水が侵入してる形跡です。


基礎のコンクリートは
水平部分の耐圧(もしくはベース)と
垂直部分の立ち上がり
を別々に流し込みます。


基礎はまず、耐圧のコンクリートを流し込み
数日後に、立ち上がりを施工するのですが

その際に、コンクリート表面に発生した
レイタンス(簡単言えばゴミです)を
除去しないと・・・

このような形になってしまいます。


しかしながら
きちんとレイタンスの処理をしている現場は
そう多くないのが現実です。


***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

↑このページのトップヘ