イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:インスペクター

あと僅かばかりですが
今年が終わろうとしていますね(^^)


今年も業界では様々な事件が起きました。


最近では・・杭偽装問題でしょうか。


以前にも書きましたが
あの程度の事例は、まだほんの一部にすぎません。

今後も身を引き締め
研鑽を重ねて、欠陥住宅でお悩みのかたを
1人でも減らせればと思いますm(__)m


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

インスペクターの業務ですが
出来る限り、後だしジャンケンはしたくないなぁ、と。
常日頃、考えています。

どういったことかというと
完成して引き渡し済の検査も
ご依頼を頂くのですが・・

出来れば工事中から
(もっと言えば、設計契約の前から)
インスペクションさせて頂いていれば
防げたのに・・


という案件や事例が多いのです(-_-;)


以前もブログに書きましたが
「家づくりは、建て主にとって大きな事業計画です」

ましてや、その事業相手は
不動産や建築のプロです。
※プロでない・・のも見受けられますが 笑

契約書に押印する前に
冷静に、事業計画を見直す時期を
作って頂きたいものです。


われわれは、
建築業界のボトムアップをしたくて
インスペクションをしています(^^)

無論、欠陥住宅を引き渡されて
困り果てている建て主のお手伝いも。


結局、家は作り手が命運を握っています。
現場の検査では、職人さんが
次の現場でも、正しいジャッジが出来るように、と

単に指摘し、是正するのではなく・・
そんなつもりでインスペクションをしています。


結果的には、欠陥住宅で
悩む方も少なくなるでしょうから(^^)



***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

始めた当初、
インスペクターなるものは
数える程度でしたが・・

いまでは、ネット検索すると
様々な方がご活躍されていますね!


当初は嫌な思いもたくさんしました 笑
受注会社からは、単に
「無関係の第三者が、嫌がらせに、重箱の隅をつつきにきた」
くらいにしか思われませんでしたから(-_-;)

工程を教えてくれない 
とか

図面を渡さない
とか

現場に入れてくれない
etc

そりゃもう・・いい思い出ですね 笑
だからと言って、気分でインスペクションはしませんから
いいものはいいし、悪いものは是正する
といった基本姿勢は昔から変わりません。


インスペクターには様々な方がいらっしゃいますが

一番大切なことは
常に公正であること
と思っています。

どんなインスペクターを選んだらいいのか??
と思った方は、まずは上記の点を大切に!!


また、インスペクターの経歴も重要だと思います。
大きく分けると・・

*設計主体から
*工事や現場管理から
*不動産業界から
*住宅コンサルなどから

派生し、インスペクターをやっているかと思いますが
何を重点的に相談されたいのか?
は、インスペクター選びで大切なことと思います(^^)


また
住宅設計や現場管理はとても特殊ですので
住宅経験があまり経験がない方に
住宅を相談するのも、どうかと思います・・

お医者さんもそうですが
単に「医者」という括りでなく
外科・内科・小児科・耳鼻科・皮膚科・・・・・
など、専門性が高い業界ですので。

白衣着てたら、だれでも医者に見えてしまう点も要注意ですよね 笑


***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

前回書きましたが、
インスペクターの追加説明です(^^)

一般的な業務内容例ですが・・

・設計図が建築主の意向を反映しているかどうか

・設計図が各種法令に適合しているかどうか

・設計図が施工上問題となる個所があるかどうか

・設計図と見積書が適合しているかどうか

・見積書が正しいかどうか

・全体の資金計画に問題がないかどうか

・現場工程表に問題がないかどうか

・各工程の検査の結果改善がある場合の指導ならびにその確認

・竣工検査

・引渡し書類の確認、アフター、保証内容の確認   

などなど。多岐にわたります。


分かりやすく説明すると・・
医療業界でいう、セカンドオピニオンだったりします。

例えば、この先生以外にも

治療法の意見を聞きたい!

とか

この薬であっているのか?

など。。。

素人では分からない部分が
かなり多く存在する業界ならではの
言ってみれば

「受注会社と建て主の間に立って、専門用語を法律に基づき翻訳する」

感じでしょうか・・(^^)


***HPも是非ご覧ください(^^)***
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.e-home-inspector.com/

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ 

インスペクションを生業にしてから、早15年ほどでしょうか。
おかげさまで、これまで様々な現場に携わらせて頂きました。

当初、日本では聞きなれなかったインスペクターという職業も
近年ではだいぶ普及してきたかな。。と思う反面
まだまだ、ご存じない方も多いのも事実。

かれこれ1000棟ほどのインスペクションを実施してきましたが
過去の検査結果も含めて、ブログに綴っていこうと思います。

ブログのタイトルにもしましたが、欠陥住宅が無くなることを願って・・・


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


↑このページのトップヘ