イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

タグ:アトリエ

デザイナーズハウスを手掛ける設計士、建築家

恐らく、完成時の「今」をウリにします。

 

しかしながら、住宅は完成時にはベターな状況でよく

住みながらベストに近づいていくことが理想です。



ハウスメーカーに比べて、コストや計画などが自由で

あたかも難しい家であれば設計士建築家に頼まないと・・と思うかもしれませんが

自由とは
リスクを背負うものだと
説明をしてくれる
設計事務を選んでください。



選択間違えると・・

かっこいい家だけど、 雨漏り等のリスクを承知

となってしまいがちです。



なにも建築家やアトリエを敵視しているわけではなく(笑)
間違いなく、一生懸命に研鑽を重ねている技術者にもお会いします。

しかしながら、雨漏れ相談に駆け込んでくるクライアントは
圧倒的に、これまで説明してきたような
デザイーナズハウスってが多いのです(-_-;)


実際のインスペクション事例のほんの一部を。

SKM_C224e15122317041_0001

 

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

一方内部デザインについても、「かっこいい家」優先され

機能や安全性を二の次にする設計者多いのにきを隠せません

たとえば設計事務所が大好き・・

 

トップライト大きな吹き抜けですが

トップライトは気象条件の過酷な屋上に設置するわけですから

夏季は70°冬季は0°の温度差あり、また雨が降り強風にさらされます

 

そのような気象条件にもかかわらず

多く設計者はサッシメーカーのサッシを選択するだけ

長期修繕を考えた設計をしてません



また、吹き抜けは確かに開放的な空間で気持ち良いのですが

吹き抜け上部に開閉できない設ける事例が多いです



日本の猛暑を考えるエアコンでは室内温度を下げきれ

暖かく寒い空間・・なんてことにも(-_-;)



良く見受けられる設計がストリップ階段です。

空間に階段が浮いているかのごとくにデザインされますが

子供が階段下の鋭角な部分に頭ぶつけて怪我する事例ありま

勿論、落下防止の手すりなどもデザイン優先ですので

当初はネットを張ったりとしています。



吹き抜けに、ストリップ階段で現し(むき出し)の梁というコンボは

安全や温熱環境、清掃を考えると最悪な組み合わせだと思いますけど・・



「かっこいい家」には、そういったリスク

隣り合わせだということを理解した上で選択する必要があるということです




▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

実際のインスペクション事例のほんの一部を。


 


 


 


 SKM_C224e15122317020_0001


 


 


 

自分好みの家を建てたい!
世界に1棟だけの我が家を!

だけれども・・

メーカーではプランが難しいと言われた(-_-;)
予算が厳しいとも(>_<)

住宅雑誌や、いわゆるスーモなどで
目にした「建築家と建てる家」だったり「オリジナルデザイン」
といった所に相談してみようか・・?



でも



金額、高いんだよね?
なんか、敷居高いよね??

「そもそもデザイーナズハウスって何??」


そんなお声を耳にします。

確かに、なんとなくカッコいい家を作ってくれそうですが
あまり情報がないのも事実ですよね。
次回より、少しばかり説明をしていきます。


ご参考になれば、幸いですm(__)m



実際のインスペクション事例のほんの一部を。

SKM_C224e15122316581_0001

▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


↑このページのトップヘ