イエナビ ~欠陥住宅の作り方~

現役ホームインスペクター親子が、住宅建築のリアルな一面を綴っています

2015年08月

こちらの写真は
主筋の継ぎ手が・・・(-_-;)


IMG_2924


IMG_3289


突っ込みどこ満載なのですが・・
専門的な話になってしまうので
どこまでブログで説明したらよいか(>_<)

簡単にいうと
鉄筋組み方のイロハが
分かっていない現場(職人)なんです(汗)


また・・
基礎を工事するのに必要な図面「基礎伏せ図」
の納まり検討も、設計者が手抜きしているのが分かります。



▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ


基礎の検査に行ってきましたが・・・
結構酷いですね(-_-;)


こちらの写真は
スペーサーが土に埋まってしまって
鉄筋のかぶり厚が確保できていません。



IMG_8795



いわゆる捨コンを施工しないと
よくみる光景ですが
なぜ捨コンを打たないの??
という疑問。


まぁ、コストカットですよね(-_-;)


▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

とある現場のUB(ユニットバス)の上です


CIMG7404




配線が乱雑なのが
お分かりでしょうか?


こういった現場は、大抵・・・
電気工事に不具合があります。



きちんとした職人さんは
見えない個所での
配線を通すのもきれいなものです・・・



▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ

雨漏れ案件を多数
インスペクションしていますが・・

下記の写真部位は
良く雨漏れ原因になる箇所です。


CIMG7670



この現場は・・
かなり酷いですね(-_-;)

防水紙というものが
切れっぱなし・・・


このような施工では
雨に入ってください
と言っているようなものです。



▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ




都内では、狭小地に住宅を建てるケースが多いですね。

民法上、通常は500mmの離隔を取りますが
もっと内部を広く使いたい!
ということで、隣家と交渉して・・・


敷地ギリギリに建てる現場も散見されます。


下の写真で離隔500mmですが


CIMG7201



思った以上に狭くないですか??



設計者からは、きちんとメンテナンスの説明を受けてくださいね・・




▼お気軽にお問い合わせください▼

インスペクション・ご相談をご希望の方は、下記弊社オフィシャルサイトのお問い合わせフォームよりご連絡願います。お急ぎの方は、電話でも承ります。

住まいと土地の総合相談センターオフィシャルサイト・お問い合わせページ



↑このページのトップヘ